なた豆とは?

 

なた豆は刀豆と書きます。

 

トウズ、タチマメと呼ばれることもあります。

 

書いて字のごとく、
刀のような形をしていることから
そう名付けられました。

 

実の鞘がとても大きく、
30cm〜50cmほどになります。

 

なた豆
※https://www.youtube.com/watch?v=5lzf9b8bNngより引用。

 

成長がとても早く、蔓の高さが6メートル超にもなります。

 

そんななた豆は童話「ジャックと豆の木」のモデルとなったと言われています。

 

なた豆

 

原産地はアジアかアフリカとされています。

 

日本には元もとはなかったんですね。

 

江戸時代の初期に清(今の中国)から伝わったとされています。

 

現在では日本でも健康食品として認知され栽培が盛んです。

 

薩摩地方はなた豆の古くからの生産地として有名です。

 

鞘を食用として料理、食べる地域もあります。

 

最近、注目されている健康、薬効としては、
豆を使うことが大半です。

 

なた豆の意外な話

 

その昔、遊郭の女性たちの間でなた豆を食べると
「妊娠しない」という噂が信じられたそう。

 

単なる噂に過ぎなかったが、
見る見るうちに広まったという。

 

が、実際はそんな効果は全くなく、
妊娠する遊郭の女性がたくさんいたそうである。

 

噂の発端は、
家畜農家が家畜になた豆を与えたところ、
家畜が流産したことがあった。

 

なた豆は関係なく、
たまたまの流産だったが、
「なた豆には避妊効果がある」と
話が飛躍し、噂が広まったそうである。

 

>>口臭対策はこれで決まり!なた豆歯磨き粉ランキング<<

page top